家財整理・家財道具の処分は、家財処分の専門業者Dcyにお任せ

 

 
 
 
 

今月の家財整理ご利用例


■親の引きこもりと生前整理
今回、お伺いした家はお父様と息子さんの2人くらしの一軒家でした。父親が転倒し骨折したことがきっかけで引きこもり生活が続くと同時に、息子さんはお仕事に追われ、荷物があふれてしまったと言います。スタッフは、2人の話にしっかり耳を傾け、つらいお気持ちに寄り添いながら生前整理を行いました。

■楽器の家財道具処分
楽器や楽譜を処分したいというお客様がいました。当初、楽器は中古楽器店に売るつもりでいたそうですが、傷があったり壊れていたりで売ることができず、結局、家に置いてあるということでした。スタッフが、お客様のおうちへお邪魔すると、楽器は想像していたよりも大きく場所をとっており、リビングを占領していました。スタッフはそれらをすべて回収し、スッキリとしたお部屋になりました。

■新築マンションの家財道具処分
スタッフが伺った場所は設備の整った新築マンションでした。しかし、スタッフが部屋に入ると、日差しがなく暗いお部屋に感じます。その原因は多すぎる家具でした。窓側に家具がいくつも置かれ、日差しが入ってこない様子です。さっそく、お客様の指示に従い、家具を撤去していきました。ソファーやテーブルなどの配置を変えると明るい部屋に変わりました。

■マンションの家財道具処分
依頼主は、マンションの管理会社です。1階に住んでいる入居者が庭に粗大ゴミを放置しており、景観が悪くなるとクレームが出ているので、その粗大ゴミを引き取って欲しいと言います。急いでスタッフが行き、小さな庭にある、雨で濡れた布団、釘が出て危険なタンス、画面が壊れているパソコンやテレビなどを回収しました。

■子供の独立と家財道具処分
独立した子供が、荷物を実家に郵送してくるので困っていると親御さんからの連絡です。子供に片付けるように話したら捨てるようにと言われたそうで、後日、スタッフがそのお手伝いに行きました。段ボール箱やゴミ袋に入った洋服や靴、カバンがいっぱいです。6畳の和室は足の踏み場もありません。和室の入り口から荷物を引っ張り出し、徐々に荷物を減らしていきました。

■ホコリまみれになりながら生前整理
地域の生前整理のセミナーへ参加したことをきっかけに、ご連絡をくれたお客様がいました。スタッフがお家へ伺うと、比較的キレイなお部屋でした。しかし、押入れを開けると、手作りの品物が大量に出てきました。手作りの編み物、子供が書いた絵や工作など、カビ臭いニオイがしています。スタッフは、ホコリまみれになりながら、それらを押入れから出しトラックへ運び出しました。

■同居するために家財整理
大学生のお孫さんからの依頼です。ひとり暮らしする祖母の家に、今後は同居する予定だと言います。祖母の家に自分の部屋を作るために、書斎の家財整理をしたいという要望です。スタッフがその書斎へ訪れると、床から天井まである壁面収納があり、そこには本がギッシリ詰まっています。スタッフは、本を出す作業からスタートさせました。

■ネズミと家財道具処分
今回は実家の家財整理でした。両親が亡くなった後、兄弟間でトラブルが起き、数年放置されていたと息子さんが話します。スタッフが中へ入ると、生活感のある部屋がそのままの状態で残っていました。キッチンの吊り戸棚、押入れの天袋を開けると、ネズミの糞がポロポロと落ちてきて衛生状態も良くありません。かつてネズミがいた様子です。スタッフは、2トントラックを往復させ荷物を運び出し、2日間かけて家財整理を行いました。

■母の将来を考えて家財整理
母親の将来を考えて、実家を片付けたいと息子さんからの依頼です。亡くなった父が残した骨董品や積み上がった古本が廊下に直置きされ、足元が危険な状態でした。荷物が少ないため、スタッフ1名で対応し軽トラックで運び出すことにしました。作業が終わると、足元が広くなり、お母様が安心して住めるお部屋になりました。
■ひとり親への家財整理
家庭相談員からお電話がありました。生活支援しているひとり親世帯がいるが、仕事と子育てに追われ、家の清潔を保てない状況だと言います。古くて使えない家具や子供用品が散乱しているので、それらをまとめて捨ててほしいというご要望です。子どもの安全を考慮しつつ、早急にスタッフが対応しました。不要な家具を運び出し掃除をおこないました。

■不用物だらけの生前整理
親戚の奥様からの依頼でした。叔父と一緒に生前整理してくれる業者を探していると言います。スタッフがお見積もりを出しお客様に承諾していただき、その後生前整理をすることになりました。男性はひとりで一軒家にお住まいです。長年溜め込んできた荷物が積み重なり、仕分けするだけでも大変でした。不用物を捨て必要な物はまとめ、心地の良い家にしました。

■婚約破棄と家財整理
婚約中の男性と別れたという女性からお電話がありました。すでに新居は決まっており、そこにある家財をすべて捨てて欲しいというご要望です。スタッフが女性から新居の鍵を預かり、女性の立ち会いなしで片付けを開始しました。ソファーやテーブル、ベッドなどの家具を中心に引取ることになりました。

■自宅に戻るための家財処分
ひとり暮らしの男性を担当するケースワーカーさんからのご依頼でした。男性は入院中だが、退院後自宅に戻りたいという希望を叶えたいと言います。しかし、男性の自宅はゴミ屋敷状態で、室内を片付けて欲しいという内容です。後日、スタッフが行き、アパートに散乱するゴミを片付けていきました。中身の入ったペットボトルやコンビニ弁当、カビの生えた家具などを捨てると、きれいなお部屋になりました。

■父親の家財整理
ご夫婦からの依頼です。近くに住んでいる父親が、自分たちの家に来ては荷物を放置して困っていると言います。後日、ご夫婦とお父様立ち会いのもと、家財整理をすることになりました。スタッフが一緒に片付けることで、作業はスムーズに進み、お部屋もきれいになりました。

■生活保護受給者の家財処分
生活保護を担当する市役所の方からお電話がありました。担当している80代の女性が自宅で倒れ、今後は施設に入所する予定だと言います。荷物を最小限にしなければいけないため、家財処分をしたいという事情でした。市役所の方からお部屋の鍵を預かり、さっそく家財処分に向かいました。古い家具や家電、調理器具などの生活用品を引取りました。

■離婚後の家財整理
今回は一軒家の家財整理でした。依頼主は50代の女性です。離婚した主人の家財を捨てて欲しいと言います。2階の洋室がご主人専用のお部屋だった様子です。女性の指示通りに、スタッフが2階にある本棚、タンス、オーディオ機器などを運び出し、家財整理をおこないました。

■ゴミ屋敷と家財処分
入院中の生活保護受給者が亡くなり頼る親戚もいないため、住んでいたアパートの家財処分をお願いしたいと市役所からご依頼がありました。市役所の方によると、部屋はいわゆるゴミ屋敷だと言います。スタッフが荷物の内容など詳細を聞き見積もりを提出すると、その後、家財処分に行くことになりました。大量の荷物と悪臭で、すべて終えるのに2日間かかりました。

■アパートの家財整理
息子さんからアパートの家財整理の依頼がありました。お母様と疎遠だった息子さんは、市役所から連絡が来て、はじめてお母様が生活保護を受けていることを知り、今後は自分の家で一緒に暮したいと言います。その後、スタッフがお母様のアパートに行きました。家具や生活用品が少なかったため、作業は数時間で終わり、必要な荷物は近くにある息子さんの家へお届けしました。

■教授の家財整理
今回は、新築マンションの家財処分でした。大学の教授を務めているという男性が依頼主です。男性は、授業、研究、発表会などに忙しく、部屋の片付けができない状況だったようです。真新しい家電や家具、一度も着てないようなスーツが積み重なるように置いてありました。最低限の家財を残し、シンプルで使いやすい部屋にしました。

■アルコール依存症と家財処分
福祉課からのご連絡がありました。アルコール依存症だった生活保護受給者が亡くなり、お部屋の家財処分をしたいという内容です。後日、スタッフ2名で対応することになりました。アパートへ行くと、アルコール臭が漂い、大量の空き缶や瓶が見つかりました。家具や家電をトラックに運び出し、ゴミを片付けるとトラック2台分の不用物になりました。

■まわりのために生前整理
今回のご依頼は60代の主婦からです。自分の親の片付けで苦労したために、自分の身の回りは元気なうちにきれいにしておきたいと言います。スタッフが行くと、そこは一軒家でした。40年間住み続けたという自宅には、相当の量の荷物がありました。タンスや押入れの中身を仕分けるだけでも大変な作業です。2日間かけて、荷物を捨てることになりました。

■娘さんの家財整理
奥様からお電話が入りました。父親と上手くいかず娘が家を飛び出して、娘の家財を捨てろと主人に言われていると言います。奥様も仕方なく電話をしてきたご様子です。後日、スタッフで対応することになりました。裕福なご家庭で立派な一軒家でした。結局、ご主人や奥様と話し合い、予定より少ない量の荷物を引取ることになりました。

■在宅治療と生前整理
ガンの治療中というひとり暮らしの男性からのお電話でした。男性は、元大工という職人気質の方です。自宅での生活を希望し在宅治療中でした。今のうちにできることをしておきたいと言い、生前整理のご依頼がありました。スタッフがいくと、6畳の和室が2つあるアパートでした。思い出の大工道具や最低限の荷物を残し、あとは捨てることにしました。

■統合失調症と家財処分
福祉課からのご依頼です。統合失調症の生活保護受給者が、近頃、幻想や妄想がひどくなり生活に支障がでてきたために施設への入居が決まった、家財処分してほしいと言います。スタッフが見積もりを出し、数週間後に対応することが決まりました。指示された荷物だけを残し、その他の家財は処分することになりました。

■賃貸マンションの家財整理
叔母を亡くしたという姪御様からのご依頼です。マンションのオーナーから叔母が住んでいた部屋の家財を処分するようにと連絡が来て、早急に片付けをしたいと言います。後日、スタッフは急ぎで対応することになりました。部屋は2DKでした。荷物が多く、冷蔵庫の中身などもそのままでした。2日間に分けて、家財の撤去や片付けをおこないました。

■ひきこもりと家財整理
息子のアパートにある家財を整理してほしいとお母様からお電話がありました。息子さんは職場の人間関係が上手くいかず、1年以上アパートに引きこもり結局実家に戻ってきたと言います。スタッフは、お母様からアパートの鍵を預かり、その後、洗濯機、冷蔵庫、テレビ、掃除機を片付けに行きました。必要な衣類は段ボール箱にまとめてお母様に届けました。

■家の売却と家財整理
今回は、築20年の一戸建ての家財整理です。家を売却する予定だというご家族からの依頼でした。スタッフが行くと、すでにご家族は引越しされており、不要な古い家具や家電が残っていました。スタッフはそれらを運び出し、家のまわりの草木をお手入れして、売却できるような状態にしました。

■単身男性の家財処分
市役所のケースワーカーさんからのご依頼でした。障害がある男性が生活保護でひとり暮らししていたが、今後は施設に入居することになった、施設に持ち運べない家具や家電を処分してほしいと言います。1週間後、スタッフが男性の住んでいたアパートに行き、家具や家電、生活用品を運び出し、汚れていた水回りを掃除して作業を終わらせました。

■子どもの独立と生前整理
60代の女性からお電話を頂きました。子どもが独立したことを機に生前整理したいというご希望です。女性は、捨てたい物と必要な物をすでにわけていましたが、捨てる作業が大変で電話してきたご様子です。荷物も予算も少ないため、今回はスタッフ1名で対応しました。衣類や小物、引き出物などのギフト類、ミシンなどを回収しました。

■DVと家財道具処分
一緒に住んでいた男性からDVを受けていたという30代の女性から連絡がありました。一緒に住んでいた男性の家にある自分の家財を処分してほしい、家にはもう戻りたくないと訴えてきました。後日、男性の了承を受け、家にある女性の鏡台やタンス、衣類を処分することになりました。作業が終わったとことを女性に報告すると、助かりましたとお礼のお言葉を頂きました。


 

家財整理のDcy店舗網 

家財整理:DCY練馬本店
東京都練馬区練馬1-20-8 日建練馬ビル2F
練馬本店練馬区中野区杉並区・豊島区・北区
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/坂元チームが在籍
家財整理:DCY所沢店
所沢市和ヶ原1-184-8
所沢店:所沢市入間市川越市飯能市坂戸市・東松山市・鶴ヶ島市

 力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/戸田チームが在籍
家財整理:DCY川口営業店
川口店:板橋区・足立区・越谷市・草加市・葛飾区
 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5F
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/石坂チームが在籍
家財整理:DCY板橋店
世田谷店:世田谷区・横浜市・町田市・相模原市・川崎市
東京都板橋区南常盤台1-11-6
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/坂元チームが在籍
家財整理:DCY市川店
市川市押切21-8
市川店:市川市・船橋市・千葉市・松戸市・柏市

 力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/大野チームが在籍
家財整理:DCY戸田店
戸田店営業エリア:戸田市・さいたま市・朝霞市・和光市
埼玉県戸田市本町4-4-6 
Dcy店長からちょっとしたアドバイス
◆少量のお引越し荷物は、こちらが絶対お得⇒
こちらから ◆損しない賃貸契約の解約手続き⇒こちらから ◆引越しまでに不要な荷物を上手に減らしましょう⇒こちらから ◆夜逃げの荷物、残置物は、勝手に処分できません⇒こちらから
 
 
初心者ホームページ作成