家財処分は、専門業者Dcyにお任せ

 

 
 
 
 

家財整理のDcy

 

家財処分受付中

市区町村生活福祉課・福祉協議会:協力店 
(家財処分のお見積りにお伺いいたします)
主な参加地域:所沢市・東村山市・小平市・東久留米市・西東京市・志木市・川越市・さいたま市(大宮区、南区、西区、北区、桜区、見沼区、中央区)・上尾市・板橋区・春日部市・松戸市・川口市・川崎市・富士見市・ふじみ野市・東大和市・その他

お身内の方の家財処分マニュアル(当社外部サイト)

家財整理ご相談は、お電話・メールで

お電話
0
50-3134-4757(全店共通)
お荷物の様子・お仕事の内容をお聞きしてご予算などご案内をご案内しております。
お電話の方は、番号をタップしてください

メール受付・相談

翌日午前中までには、ご回答
メールはこちらから 
当店のメール通信は、SSL通信で安全に保護しております

 

今月の家財整理ご利用例

 

■過去を整理する家財整理
ご依頼は30代の女性でした。昔の恋人にもらった家具やプレゼント、おそろいの洋服、写真がどうしても自分では捨てられないと言います。後日、スタッフは家財整理へ伺いました。そこは、ワンルームのマンションで非常にキレイなお部屋でした。スタッフは、思い出の品が入った段ボール箱3つと家具が数点を受け取り、作業は短時間で終わりました。

■SNSと家財道具処分
自分の生活をSNSで公開する方が増えていますが、今回は記事をアップすることを目的にして、買い物をし過ぎたお客様でした。スタッフがマンションに到着すると、最新家電から骨董品までジャンルを問わず話題の商品が大量にありました。お客様は片付けながら、注目を集めたい気持ちで買い過ぎてしまったと反省していました。

■喪失感と家財処分
亡くなった叔父が住んでいたアパートの家財処分をしなければならないが、ショックでアパートへ行くことすらできないと悲痛な声でお電話がありました。後日、スタッフが家財処分へ伺いました。2DKのお部屋には、数点の家電と衣類があるだけでした。作業が終わったことをお客様へ伝えると、少し気持ちも落ち着いた様子でお礼を言われました。

■習い事と家財道具処分
会社員の独身女性からのご依頼でした。習い事道具を処分したいと言います。活動的なその女性は若い頃からさまざまな習い事をしており、ダンスの衣装、習字道具、テニス道具などの荷物が寝室にあるベッドの上にまで置いてありました。現在は、華道と茶道を習っているということで、それ以外の道具は引き取ることにしました。

■冠婚葬祭グッズの生前整理
高齢のご夫婦から生前整理がしたいとお電話がありました。スタッフが押入れを整理していると、壊れた数珠、変色したふくさ、若い頃使った喪服など冠婚葬祭グッズが出てきました。使用頻度が低いために、押入れの奥に入れたままになっていた様子です。押入れの上段と下段、隅々まで片付け、最後に掃除をしました。

■理想通りにいかない家財道具整理
素敵な暮らしに憧れて家財道具整理したいと若い女性からご依頼がありました。荷物は少なく費用も抑えたいという要望もあり、スタッフ1名で対応することにしました。後日、スタッフが行くと、収納家具があるのに中身が空っぽで、床には荷物が散らばっていました。なぜか聞くと、キレイな収納方法がわからないと言います。スタッフは女性と一緒に仕分けしながら収納していきました。

■洗面所の家財道具処分
ご依頼主は、40代の女性でした。古い鏡台の回収と洗面所の片付けをお願いしたいと言います。スタッフが洗面所に入るやいなやスキンケアグッズの数に驚きました。海外ブランドの化粧品、シャンプー、美顔器、サンプル品など洗面所の棚いっぱいにありました。化粧品の中身を出して処分するのがおっくうで放置したと言います。スタッフがまとめて回収することにしました。

■小物類の生前整理
高齢女性から生前整理のご依頼がありました。40年以上暮しているという一軒家は、裁縫道具、文房具、化粧品、お守り、食器、電気コードなど、めまいがしそうなくらい小物類であふれていました。スタッフは、ザックリひとまとめてして、女性と仕分け作業に入りました。大きな荷物は少ないものの、結局普通トラック1台分の荷物を処分しました。

■デジタル機器の家財整理
ご依頼主は50代くらいの男性でした。デジタル機器の処分に困っていると言います。スタッフが行くと、6畳くらいの洋室に大量のデジタル機器がありました。携帯電話やデジタルカメラが十数台、ゲーム機、電子辞書、パソコンなどホコリをかぶっています。携帯電話は携帯会社の回収サービスを利用したいということで、それ以外のデジタル機器を引き取ることにしました。

■事前見積もりと片付けで、スムーズに家財道具処分
一軒家の売却が決まり家財道具処分したいとお電話がありました。さっそく、スタッフはお見積りにお伺いしました。大型家具や家電があるものの、お客様自身で捨てられる荷物もありました。作業当日まで時間もあり、事前に捨ててもらうようにご提案しました。当日は、作業時間を短縮させることができ、費用も予定より安くなりました。

■長期入院から施設へ、団地の家財処分
団地の家財処分をお願いしたいと姪御様からご連絡がありました。団地で暮していた叔母は入院しており、今後は施設に入るので団地には戻らないと言います。玄関を開けると、新聞紙や雑誌、杖や傘などがあり生活感が漂っていました。姪御様と一緒に片付けを行い、必要な物は近くにある施設へお届けしました。

■カビの生えたリンネ類に驚いた生前整理
今回は、80代の女性の生前整理でした。大型家具を回収した後、クローゼットの奥を片付けていると、ビニールに入りの未開封の布団カバー、引き出物でもった箱に入れたままのタオルなど大量に出てきました。しかも、湿気からカビてしまっている物もあります。家族が多かったためにいつか使えると思って保管していたようですが、処分することになりました。

■ゴミ化した季節用品の家財整理
子供が独立したことを機に季節用品を処分したいと主婦の方からお電話がありました。後日、スタッフはマンションへ行くことになりました。まず、大きなクリスマスツリーを運び出し、五月人形を片付けていると、レジ袋に入ってゴミのようになったお正月のお飾りやハロウィーングッズが出てきました。それらも、すべて引き取ることにしました。

■新規事業立ち上げと家財道具処分
新しい事業を立ち上げるという男性からのご依頼です。自宅の1階を事務所にするために、家財整理したいという要望でした。スタッフが行くと、すでに新品のデスクや椅子が届いていました。古い家具を回収しつつ、新しいデスクや椅子を指定された場所へ置いていきました。

■疲れた方に多い、癒しグッズの家財整理
最近、疲れている方が多いのか、キャンドルやディフィーザーなどの癒しグッズの処分が増えています。今回もそのような家財整理でした。お客様は、40代の女性です。スタッフがワンルームマンションへ行くと、立派なマッサージチェア、間接照明、お香セットなどがあり、ベッドサイドには大量のぬいぐるみがありました。どれも古く色あせています。使っている物をカゴにまとめ、あとはスタッフが運び出すことにしました。
 

■現地見積もりと家財処分
遠方にお住まいのご家族から、アパートの家財処分を依頼されました。しかし、ご家族はアパートへ訪れたことが一度もなく、状況がわからないとのことでした。そこで、スタッフが大家さんから鍵を預かり、現地見積もりへ行くことになりました。後日、荷物や料金などをご家族へ説明し、納得して頂いたあと、実際に家財処分することになりました。

■ゴミにできない家電と家財道具処分
冷蔵庫、エアコン、洗濯機、テレビを粗大ゴミとして出せずに困っているとお問い合わせがありました。スタッフは、それらの家電はリサイクル法という法律があり、処分方法が決まっていると丁寧に説明しました。すると、お客様はその法律を知らずにいた様子で、結局、スタッフが家電を引き取りに行くことになりました。

■一軒家を購入したのに家財整理
主婦の方からお電話がありました。一軒家を購入したのに、以前より荷物が増えてしまったと言います。スタッフがお邪魔すると荷物の中心は衣類でした。仕事や行事用のスーツ、成長に合わせた買い足した子供服、送迎用や学校用のおしゃれ着など、ドアや壁にまで服がかかっていました。スタッフは、収納ケースやクローゼットを整理するところからはじめ、ゴミ袋は洋服でいっぱいになりました。

■鳥の巣と家財道具処分
今回は、一軒家の家財道具処分でした。玄関を開けると、物騒なくらい草木が茂り、鳥の巣の下には羽や糞が大量にありました。ご依頼主の方は遠方にお住まいで、両親が亡くなった後、実家を放置してしまったと言います。スタッフは、家財をトラックに運び出した後、クリーニングや草木の伐採を行い、鳥の巣も撤去しました。

■効率アップのために家財整理
お客様は、大学の教授という男性です。スタッフが書斎に入ると、机の上に仕事用のパソコンがあるものの、椅子には洋服が置かれ、床には本が散らばり、パソコンに触れることができません。立派な棚もありますが、乱雑に物が置かれ、どこに何があるのか全くわかりません。スタッフはお客様に使用頻度などを聞きながら、荷物を整理していきました。大量のゴミを片付けると、見栄えも機能性も良い部屋になりました。

■気になる費用と生前整理
高齢のご夫婦からのご依頼でした。今後のことを考え、生前整理をしたいと言います。しかし、年金を頼りに生活しているので、できるだけ費用を抑えたいという要望がありました。そこで、スタッフが荷物の細かい分別や仕分け作業はご夫婦自身の手で行ってもらえないかと提案しました。後日、スタッフが大型家具や不用物を処分するのみの作業をすることになり、ご要望通り費用を抑えることができました。
■片付けに疲れて家財整理
家が散らかりはじめたのは、子どもが生まれてからと話す奥様からの依頼です。スタッフが玄関のドアを開けると、ベビーカーが2台あり、家の中は洋服や玩具があふれています。奥様は、片付け本を購入するなど自分なりに頑張っていたそうですが、疲れてしまったと言います。さっそく、スタッフは不用物をゴミ袋に詰めていきました。汚れ気味の水まわりも掃除をして、家族が暮しやすい部屋にしました。

■本と生前整理
退職を機に屋根裏部屋の整理を進めたいと男性からお電話がありました。数日後、スタッフがその部屋に行くと、大量の本の中で男性がゴミを仕分けていました。スタッフが本をまとめ、本棚を運び出すと、広々とした屋根裏部屋になりました。男性は、好きな本を見て、自分を見つめ直すきっかけにもなったと明るく話してくれました。

■不必要な荷物と家財整理
値引き商品に弱く、本当に必要でない物まで買ってしまったと女性からお電話がありました。スタッフがマンションへ行くと、洋服や家電が入ったカゴや段ボールがあり、通路を邪魔しています。スタッフは、カゴや段ボールの中身を出して、女性に確認してもらいながら、それらを処分していきました。
 

■2DKアパートの家財処分
家財処分のため、スタッフがお伺いした場所は2DKのアパートでした。ご依頼主は、遠方にお住まいの親戚です。入居者が入院後に急に亡くなり、親戚の方も慌てているご様子でした。近くにホテルに泊まっているというご親戚と一緒に、2日間かけてゆっくりと家財処分を行いました。

■生活に合わない家電の家財道具整理
高齢男性からお電話がありました。使いづらい家電を処分するか迷っているうちに、買い足してしまい家電でいっぱいになってしまったと言います。さっそく、スタッフがお宅へお邪魔すると、大きすぎて使わない炊飯器、危なくて使えない石油ストーブなど、今の生活に合わない家電が大量にありました。スタッフは、男性と相談しながら、最小限の家電だけを残し、あとは処分することにしました。

■健康のための家財整理
今回はワンルームのマンションの家財整理でした。依頼主はひとり暮らしの女性です。その女性は、仕事が忙しく、キッチンの片付けが面倒で、コンビニ弁当や外食が増え、食事も暮らしも不健康になっており、家財整理をして健康的な生活を取り戻したいということでした。スタッフは、あちらこちらにある生活雑貨を捨て、故障中という家電も運び出すことにしました。

■外出用品の家財道具処分
地方へ出張することが多いという女性からの依頼でした。家にいることが少ないため、部屋が散らかっていると言います。さっそくスタッフが行くと、玄関にはサビついた傘、穴の開いたレインコート、出ない防水スプレーなどがあり、リビングには未使用の化粧品や黄ばんだタオルがありました。スタッフは、玄関から片付けをスタートし、数時間かけて部屋全体をキレイにしていきました。

■和室の家財整理
シニア世代のご夫婦の依頼でした。和室の洋ダンスや和箪笥、収納ケースを処分して、ゆっくりお茶を飲めるようにしたいと言います。スタッフが和室に入ると、座るスペースがないほどの家具が置いてあります。スタッフ2名で家具を運び出すことにしました。作業が終わると、ご夫婦は、新しい和室としてよみがえったと喜んでいました。

■クローゼットの家財整理
中年女性からご相談がありました。クローゼットにうんざりするほど洋服があり、他の荷物も含めて処分できるかというお問い合わせでした。スタッフが処分できると説明し、すぐにお伺いすることになりました。スタッフが家に到着すると、女性がクローゼットの中身をすべて出しているところでした。バッグやストール、アクセサリー類もあり、1着1着を確認しながら処分しました。

■姑さんの贈り物と家財整理
ご主人のご両親と二世帯住宅というお嫁さんから依頼でした。長年溜め込んだ、姑さんからの贈り物を処分したいと言います。スタッフが行くと、家具や家電、食器や衣類などあらゆるジャンルの贈り物が押入れに眠っていました。すべての荷物を運び出すと、お嫁さんは自分で処分できず困ったのでスタッフが来てくれて助かったと喜んでいただきました。

■大仕事の連続で家財道具処分
ご依頼主は主婦の方です。結婚、出産、子育て、その後、介護や引越しが重なり思い通りに片付けができず、荷物があふれていると言います。スタッフがマンションへ訪ねると、人ひとり通れるスペースしかない状態でした。独身時代の洋服や靴をまず処分し、壊れた家電や家具を運び出し、2日かけて家財道具の処分と掃除を行いました。

■サラリーマンの家財整理
スタッフがワンルームのマンションへお邪魔すると、玄関から靴が入った箱が山積みになっていました。箱を開けると、湿気やカビで靴がボロボロでした。食卓は洗濯物置き場となり、壁際には雑誌や本があります。ご依頼主の方はサラリーマンとして忙しく、片付ける余裕がなかったと話します。スタッフは、不要な荷物を処分するとともに掃除をして仕上げました。


 

■改築前の家財整理
家を購入したと話す、オーナーさんからの依頼です。今後、その家を改築してシェアハウスをつくる予定だと言います。ご希望は、改築前の家財整理です。数日後、スタッフがお邪魔することになりました。すると、そこは3階建てのキレイな一軒家でした。スタッフは、家具や本棚、ベッドなどすべての家具を運び出しました。最後に、掃除をして仕上げました。

■下宿屋の家財道具処分
今回は下宿屋さんの家財道具処分でした。大家さんが引退されるということで、部屋に備え付けの家具やベッドを処分することになりました。下宿屋には独立した部屋が6室あり、その他に大家さんの部屋と食堂、共同のお風呂やトイレがありました。スタッフは、それぞれの部屋から家具とベッドを運び出しました。そのあと、大家さんの部屋などを片付け、3日間かけて作業を行いました。

■祖母の生前整理
依頼主はお孫さんからでした。祖母の生前整理を手伝って欲しいと言います。祖母は、孫の自分と一緒なら片付けをすると了承しているということで、お孫さん立ち会いのもとスタッフが生前整理へ伺いました。一見、キレイな部屋でしたが、押入れや納戸に荷物が押し込まれ開けると雪崩のように荷物が出てきました。文具類、雑貨、掃除道具、薬などを捨て、生前整理を行いました。

■新築マンションの家財道具処分
ご依頼は専業主婦の方でした。将来使えると思い、保管した家財道具を処分してほしいという要望です。後日、スタッフが行くとそこは新築マンションでした。段ボール箱の中に、高級食器や小物が入っていました。引越し後、一度も開けてないと言います。中身を確認しながら、処分することになりました。

■公団住宅の家財処分
今回は、公団住宅の家財処分でした。ご依頼主は遠方にお住まいの姪御様です。叔父が急死したため、家財がそのまま放置されている、家財処分してほしいと言います。姪御様はお仕事や家庭があり、立ち合えないということで、スタッフが鍵だけ預かり片付けを行うことになりました。印鑑や通帳、時計などの貴重品だけ残し、あとの家財は処分しました。

■戸建て住宅の家財道具処分
ご高齢のご夫婦からの依頼でした。ご夫婦は、若い頃に購入したという一戸建てにお住まいでした。リフォームをしながら住み続けていたそうですが、家財が増えすぎて暮しづらいと言います。1週間後、スタッフがお宅にお邪魔すると、ご夫婦で荷物の棚卸をしていました。スタッフは、2階から大型の家具を運び出すお手伝いをしました。

■ひとり暮らしの生前整理
今回は一軒家で行う生前整理でした。ご依頼主は80代の女性です。数年前まで、ご主人や息子さんたちも一緒に住んでいたそうですが、息子さんたちは家庭を持ち、その後ご主人は亡くなったということでした。スタッフがお邪魔すると、ご主人の両親の荷物まで見つかり、大量の不用物を処分することになりました。

■同居前の家財道具処分
お電話は、80代の男性からでした。息子夫婦と同居すると嬉しそうに話し、持ち運べない家財を処分してほしいと言います。数日後、スタッフがお宅へお邪魔すると、男性が衣服をまとめているところでした。スタッフが、大型の家具やベッドを運び出し、その後は荷造りのお手伝いをしました。

■書類が多い生前整理
ご依頼主は、2DKのマンションにお住まいの高齢女性です。荷物は少なく整理整頓がきちんとできているという話で、スタッフが1名で生前整理へ行くことになりました。スタッフがお邪魔すると、家電や家具は少ないのにもかかわらず取扱説明書や保証書など、不要書類が多いお宅でした。女性は目が悪く、書類の文字を見ることが面倒になり、そのままにしたと言います。スタッフが確認しながら、書類を捨てることになりました。

■空き家の家財道具処分
お客様は、50代のサラリーマンの方です。実家が空き家となり周囲の草木が伸び放題になっているため家財道具処分と草木の伐採もお願いしたいと言います。次の日曜、スタッフがお伺いするとお客様がひとりで片付けを行っていました。家財を運び出すのに1日半、草木の伐採に半日、結局2日間かけて作業を行いました。

■お姉さんの家財処分
60代の弟さんからのご依頼でした。ひとり暮らししていた姉の部屋の家財処分をしてほしいと言います。お姉様は、体が弱く外で働くことができず、入退院を繰り返しながら昨年亡くなったというお話でした。弟さん自身は仕事があり家財処分ができないため、スタッフがすべての作業を行うことになりました。

■認知症の家財道具処分
成年後見人の方からのご依頼でした。ひとり暮らしの男性のアパートを片付けて欲しいという内容です。男性の娘さんは遠方に嫁ぎ、男性自身も認知症で部屋が荒れていると言います。次の日、スタッフが行くとベランダがゴミ捨て場のようになり、室内にも書類や本、生活用品が散乱していました。ゴミを捨てるところからはじめ、不要な家具を運び出し、部屋を整理していきました。

 

 問い合わせガイド

家財整理ご相談センター
お電話
050-3134-4757
(全店共通)

午前8時から夜7時まで、年中無休
お荷物の様子・お仕事の内容をお聞きしてご予算などご案内しております。
お電話の方は、番号をタップしてください
メール受付・相談
翌日午前中までには、ご回答
メールはこちらから 
当店のメール通信は、SSL通信で安全に保護しております。
お客さまのメール情報は、管理者のみが閲覧し、定期に削除を徹底しております。

実績紹介

最近ご利用・ご紹介いただいた法人・福祉関連(敬称略)
ミサワホーム東関東株式会社千葉支店 宮島法律事務所 積水ハウス株式会社東京分譲事業部 トヨタホームちば株式会社 株式会社シンエイエステート 株式会社京友不動産 行徳中央病院相談室 株式会社大京リアルド 有限会社ステップ 大成有楽不動産販売株式会社流通営業本部 三井住友トラスト不動産株式会社石神井センター 株式会社玉菱 株式会社アルデプロ住宅販売 三樹司法書士事務所 所沢市役所生活福祉課 日税不動産情報センター セキスイハイム不動産株式会社千葉営業所・流通営業店 住友不動産販売株式会社小石川営業センター 野村不動産アーバンネット練馬センター 東村山市役所生活福祉課 川越市役所生活福祉課 春日部市役所生活福祉課 東久留米市生活福祉課 ふじみ野市生活福祉課 板橋区板橋福祉事務所  久米川病院相談室 坂戸市役所生活福祉課 志木市役所生活福祉課 東久留米市福祉事務所 さいたま市(西区・緑区・浦和区・北区・見沼区・大宮区)生活支援課 川崎市生活支援課 横浜市生活支援課 etc

 

家財・遺品整理のDcy店舗網 

家財整理:DCY練馬本店 練馬店googleマップ
東京都練馬区練馬1-20-8 日建練馬ビル2F
練馬本店練馬区中野区杉並区・豊島区・北区
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/坂元チームが在籍
家財整理:DCY所沢店 所沢店googleマップ
所沢市和ヶ原1-184-8
所沢店:所沢市入間市川越市飯能市坂戸市・東松山市・鶴ヶ島市

 力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/戸田チームが在籍
家財整理:DCY川口営業店 川口店googleマップ
川口店:板橋区・足立区・越谷市・草加市・葛飾区
 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5F
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/石坂チームが在籍
家財整理:DCY板橋店 板橋店googleマップ
世田谷店:世田谷区・横浜市・町田市・相模原市・川崎市
東京都板橋区南常盤台1-11-6
力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/坂元チームが在籍
家財整理:DCY市川店 市川店googleマップ
市川市押切21-8
市川店:市川市・船橋市・千葉市・松戸市・柏市

 力仕事/汚い仕事自慢の便利屋/大野チームが在籍
家財整理:DCY戸田店 戸田店googleマップ
戸田店営業エリア:戸田市・さいたま市・朝霞市・和光市
埼玉県戸田市本町4-4-6 
Dcy店長からちょっとしたアドバイス
◆少量のお引越し荷物は、こちらが絶対お得⇒
こちらから ◆損しない賃貸契約の解約手続き⇒こちらから ◆引越しまでに不要な荷物を上手に減らしましょう⇒こちらから ◆夜逃げの荷物、残置物は、勝手に処分できません⇒こちらから
遺品整理は、相続と切り離すことができません。本店の遺品整理サイトで、ご案内しております。http://遺品・生前整理.com/

家財整理のDcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
初心者ホームページ作成